生ガキが好きで、ときどき専門店に行ってワインと一緒にいただいています。

実は子供のころはカキが苦手で、鍋などに入っているとうんざりしていたものでした。

しかし成人してから友人とある地域に旅行した際に、お店の御主人に勧められて食べた生ガキが本当に美味しく、それから生ガキが大好きになりました。

嫌いな食べ物があるのは、その食材の本当に良いものを食べていないから、などといいますが、私もそうだったのかもしれません。

生ガキを頂くときにはレモンなどいろいろな調味料も一緒に出されますが、私は紅葉おろしと一緒にいただくのが一番好きです。

シャンパンやワインなども一緒につけると、ちょっとリッチな気持ちになれて日ごろの疲れを忘れます。

カキは冬が旬の食材です。

シーズン中にできるだけいろいろな地方のカキを食べてみたいので、近々また友人と専門店に行こうかと思っています。
不動産売却

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする